雅楽多

主にお薦め本を紹介するブログです(文中敬称略)。その他、趣味の投資や、思いついたことについてもたまに書いてます。よろしくお願いします。

『人生で大切なことは泥酔に学んだ』


人生で大切なことは泥酔に学んだ

 大学時代で身につけた貴重な能力のひとつは、飲みすぎの失敗を繰り返し、そして、泥酔しても無意識になりながらも他人様に迷惑をかけないように自己処理できるようになったことである。社会人になって飲みすぎの失敗を重ねていたら、どうなるかわからない。下手をすれば警察行きである。さて、本書には、警察にお世話になった人も登場し、犯罪者一歩手前の人も多数出てくる。しかし、いずれも後世まで名を残した偉人達ばかり。彼らのお酒の失敗から処世訓を学ぼうというコンセプトである。
ひたすら笑いながら、前向きになれる良い本であるが、偉人達の失敗を笑ってるうちに自分も飲みたくなる困った一冊でもある。

登場する偉人は、27人。太宰治のような作家、力道山などのスポーツ選手、古田晁といった経営者も出てくる。さらに、時代は1300年近く遡って藤原冬嗣まで登場する。時代、職業に関わらず、常に泥酔する人は存在しているのである。この27人は、古今東西から選ばれし人物達なので、内容が非常にぶっ飛んでいる。普段使わない表現だが、本当にぶっ飛んでいる。

今なら速攻で警察に連れていかれる人たちのオンパレードになっているわけだが、一緒に飲みたくないのは、俳優の三船敏郎である。彼は、家で飲んでいて酔っ払うと、日本刀を抜き、殺陣の練習と言いながら庭で振り回し始める。ときには、家の中でも日本刀を振り回したようで、ピアノも壊したようだ。ちなみに、日本刀は、本物の真剣である。酔っ払いがそんなものを振り回すのだから、殺される恐れさえある。さらに、泥酔して、ヤクザを殴って返り討ちに合い、半殺しにされた経験もある。絶対に同席したくないタイプである。

日本刀は振り回さなくても、ビール瓶で殴る人ならば本書に何人も登場する。そのうちの一人、プロレスラーの力道山は、ビール瓶で後輩を殴り、さらにはガラスのコップを後輩に食べさせる。完全にパワハラだが、というか犯罪だが、この時代には関係ない。しかも、力道山本人もガラスのコップを食べるのだから、後輩は断れないというかわいそうな状況である。一方で、プロレスをやりたい夢を叶えるために、資金提供者候補の運転手など地道な活動を続けた一面もあり、著者は実力だけでなく、このような活動を続けた姿勢を賞賛している。ビジネスにかける姿勢は見習いたいし、話も聞きたいが、やっぱり酒の席で同席はしたくない。

歴史的な偉人も登場する本書において、最も知名度があるのは、福澤諭吉だろう。「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」が有名な明治の大思想家であり、慶應義塾大学の創設者である。こんな偉大な人物でも、全裸で上司の奥さんの前に出てしまった、失敗をしている。相当な酒好きだったようで、自分が飲みたいために、時間帯に関わらず客には酒を勧める困った人でもある。ただし、酒は飲んでも勉強は欠かさなかったようで、勤勉でもあった。上の二人に比べると全裸になる呑兵衛なので、全然許容範囲内である。

多くの偉人について酒の失敗を探した著者自身も、新橋系泥酔派を自認する酒のみである。偉人のエピソードに引っ掛けて、自分の失敗も晒してくる著者の姿勢には驚くしかない。というか、著者自身が大丈夫なのかと心配になってくる。ただ、酔っ払いのエピソードとともに、無礼講の由来などの知識を披露し、また、偉人達の呑兵衛独特のおかしな意見に冷静なツッコミを入れてくる。このツッコミが酒の失敗集である本書の面白さを倍増させている。

そんな著者が伝えたかったことは、少しばかり失敗しても、前向きな姿勢と周りの寛容さがあればやり直せる、ということである。本書の偉人達は、酒で失敗しても、努力を惜しまず偉大な結果を残したから偉人なのである。努力しなければ、間違いなく迷惑な酔っ払いで終わっている。

それにしても、ビールが恋しい暑さである。本書をおともに一杯いかがだろうか。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2019/08/09(金) 22:00:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<『リーダーを目指す人の心得』 | ホーム | レオナルド・ダヴィンチ』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://garakuta101.blog.fc2.com/tb.php/242-4b0d76ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Watanabe

Author:Watanabe
化学メーカーで研究開発を担当してます。株式投資を初めて5年超。
趣味は、読書と運動。
本ブログでは、読んだ本の感想、何となく思いついたこと、投資に関することを書いています。よろしくお願いします。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (1)
漫画 (9)
本 (219)
徒然草 (6)
その他 (4)
投資 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

Amazon.co.jp

訪問者数

Amazon.co.jp

このブログをリンクに追加する